ホーム>ベトナム情報> 「ベトナム人の「親日」はいつまで続くのか?」という記事を読んで
2018/10/22公開
スポンサーリンク

「ベトナム人の「親日」はいつまで続くのか?」という記事を読んで





働く若い世代を見ていると深刻だと思う

日本人は高齢者ばかりになって育児とか子供に対して厳しい態度の人が増えてます。
ニュースを見ても高齢者は保育園は反対して高齢者施設を支援してます。
まあ、自分達さえそれで静かに終われば満足なんでしょう。

留学生を働かせているのは私の地元でも見ています。
年々増えているのではないでしょうか?
それぞれの内部事情は分からないのでフェアな状態なのかは分かりません。
以下の記事はまったくその通りだと思います。
全文を読むのは出典リンクをたどって下さい。
「ベトナム人の「親日」はいつまで続くのか?」
「留学生」として出稼ぎにやってくるベトナム人の多くは、日本で暮らすうちこの国を嫌いになっていく。
借金に頼った留学費用の返済と学費の支払いのため、低賃金・重労働のアルバイトに酷使されるから(中略) ベトナムにおける対日感情を悪化させないためにも、"偽装留学生"の流入は早急に止める必要がある。
スポンサーリンク

私達日本人は近い将来、結果を受け取ることになる

私はフェアな関係を望みます。
自分の子供達の世代の問題だから。
お金や生活の争い事は後々まで影響が残ります。
知り合いの欧米人で昔の日本人みたいな生活をしている人がいます。
後継者がいない分野や地域で外国人が若い日本人よりも日本人らしい考えを持って生活するとしたら、
それは新しい日本人かもしれません。

私も日本の地元で外国人と働くことが増えてきました。
アジア人はもちろんのこと、この1ヶ月だけ振り返ってみても米国、英国、フランスなど多くの人と地元で仕事しました。
私は地方都市に住んでるので昔は白人なんて見たことなかったです。
すっかり時代は変わったということですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ