ホーム>スマホ-ネット環境> 中国で携帯番号で通話できなくても、LINEのトークみたいに呼出しできた「微信 WeChat」
2018/01/25公開

中国で携帯番号で通話できなくても、LINEのトークみたいに呼出しできた「微信 WeChat」





複数の連絡方法が必要だから「微信 WeChat」

まずは中国の人気SNSの「微信」。
英語の呼び名は、WeChat.
iPhone版とアンドロイド版とパソコン版がある。

もうすっかり世界的に有名なアプリ。
中国版のLINEと思えば良いほど似ている。

LINEみたいなアプリなので使い方も迷わないと思う。
機能は色々あるけど、私が欲しいのは友人との連絡機能だけ。

SIMかWifi環境があればLINEみたいにトークと通話できる

1、SIMのデータ通信でも使える。
2、たとえSIMが無くてもWifi環境さえあれば使える。

LINEと同じように音声通話できる。上海市内で何度か使ったけどバッチリ話せた。
これで電話番号を使って通話できなくても平気。

登録には携帯電話の番号が必要。

Windowsパソコンで微信/WeChatを使う方法

スマホ認証でPC版を使う流れ。

1、【スマホ】で微信/WeChatのアカウント登録を完了する。

2、【PC】に微信/WeChatアプリをダウンロードしてインストール。

3、【スマホ】の微信/WeChatにログイン。

4、【PC】の微信/WeChatを起動。

5、【スマホ】微信/WeChatのカメラQRコード機能を使って、PC画面のQRコードを読み込んでログイン。
(スマホがQRコード読んだ瞬間にPCがログインする!)

WeChatのWEB版(ブラウザ版)は終了したみたい

最初は何度かPC版のログインに失敗した。
メッセージを見ると、どうやらブラウザ版は廃止らしい。
PCにソフトをインストールしないと使えない。
セキュリティ強化のためのルール変更だと思われる。

2018年1月に実際にPC版で必要だった方法、

1、PC版アプリのダウンロードとインストール。

2、毎回スマホを使用してのログイン認証(つまりアカウント登録済みのスマホが手元に必要)になる。

スポンサーリンク

関連コンテンツ