ホーム>上海一人旅> ノーパンクタイヤを使ってた、中国(上海)のレンタルバイクMobike(自転車)
2018/08/22公開

ノーパンクタイヤを使ってた、中国(上海)のレンタルバイクMobike(自転車)





中国のメジャーなレンタル自転車が面白い

タイヤにずらっと穴が開いてるの分かるでしょうか?向こう側が見えます。
空気が入ってないので原理的にパンクしません。
電動アシストだから重いのは問題ないと思う。
ただ空気圧の乗り心地が無いのでクッションが堅いのではないかな~?と思う。

朝にはホテルの前や歩道の定位置にずらりと並んでる

ということは、誰かが夜などに回収してメンテして再び定位置に配置してるってことですね。
人海戦術的に支えられてるサービスなので例えば空気圧、パンクなどの心配が減れば大変に効率がアップします。
ノーパンクタイヤを使ってた、中国のレンタルバイクMobike(自転車)

【注意】罰金取られてる人を2回見ました

じつは自転車の走行が禁止の区域があります。
レンタル場所のすぐ近くでもあるので要注意です。
人通りの多いところなど繁華街に禁止区域があるみたい。

警告表示は言われたら気付くけれど、罰金取られてる人を見るまでルール自体知らなかったです。(言い訳通らないです。)

一つのサインとしては、そういう禁止区域には警察がいます。
警察車両(大抵は黒塗りのバン)が目立つ場所に止めてあって黒服の警察官が仕事してます。
ノーパンクタイヤを使ってた、中国のレンタルバイクMobike(自転車)
スポンサーリンク

関連コンテンツ