ホーム> 作者のこと。2018年1月時点での情報をシェア

作者のこと。2018年1月時点での情報をシェア

上海に一人で行く動機

目的の一つは上海に住んでいる友人との再会。
私はまったく中国語が話せない。(数字さえ数えられない。)

友人と会う以外は完全に外国人の状態。
つまりスマホ無しでは外も歩けない。

昼間は街で食事して夜はライブに行って飲んだりするスタイル。
自分で航空券とホテルを予約して過ごせるように準備した。

作者のこと

私は九州の博多(福岡県)に住んでいます。
福岡国際空港やJR博多駅など近くです。
そんな訳で私の地元では普段から街中は外国人が多いです。
博多港には中国人観光客を乗せた大型クルーザーが入港して1日3千人とか上陸するような環境です。
近所のヨドバシカメラやラオックスでの爆買いの様子も見ています。

日程とスタイル

現地の友人の仕事の予定を聞いて日程を決めました。
希望の日程のツアーは見つからないので自分で全部手配することに決定。
三泊四日の一人旅です。

旅のスタンスは荷物で決まる(笑)

今回のテーマはとにかく軽量で身軽であること。
大事にしたのは「荷物フリー」な旅です。(もちろん限度はあるのですが、、)

私は仕事で出張する時はいつも「荷物に人間が付属してる」ような状況です。
荷物と人間とどちらが主役か分からない感じ。

だから今回は極力荷物を減らしました。

小さなバッグを二つだけ

■飛行機で預けたバッグ
紛失しても気にならないアディダスの小さなスポーツバッグ
ロストバゲージしても笑って現地で買えるような日用品だけ入れます。

■機内持ち込みバッグ
タウンユースの小型リュック(デザイン重視で頑丈じゃないやつ)
「無くしたら現地で買えない物」を入れます。

■最も大事な荷物
一人旅の場合、最後まで自力で戻らないといけない。
スマホとパスポートと支払能力の三つはとても大事です。
これは身に着けて忘れないようにします。
カッコ悪いのは嫌なので工夫しましょう。

ここまで荷物を削った訳

上海に毎月出張する友達から混雑する時間帯に注意するように忠告されました。
そこで初めて旅行でキャリーカート使用を止めました。
今回だけは荷物に振り回されるのが嫌だったので。
あくまで久々に再会する友達と食事したりライブに行ったりする視察と休暇が目的です。

カメラさえ持って行かない

最近は中国人の若い女性も大きな重い最新デジタル一眼レフを持って旅行しています。
自分はカメラは散々やってるので今回はカメラは絶対にパスです。

だから今回の私のカメラはスマホだけ。
壊しても惜しくない旧型のiPhone5SとソニーのXperiaの2台です。

スマートフォンとSIM

今回特に気を使った部分です。

大げさですがスマホは命綱!
スマホ無しでは外を歩けません!

普段使いのガラケーは日本に置いていきます。
万が一これを紛失すると帰国後に仕事に戻れないから。
仕事用のタブレットも重いので置いていきました。

上海用のスマートフォンを2台用意

1台は古いiphone5S
2台目はデュアルSIMのアンドロイド(ソニーXperia)

中国でスマホが無くなると一切情報が遮断されます。
公衆電話もありますが設置台数は限られています。
スマホ無しでは誰にも頼れないのです。